学資保険は本当に必要?調べてみた魅力的なメリット!

子供の将来の学費の為の貯蓄方法として最も利用されているのが学資保険なのですが、最近では学資保険以外の商品も多くなってきています。そういったことから考えて学資保険は本当に必要なのか学資保険に加入するメリットを考えていきたいと思います。

学資保険の利回りの高さ

学資保険以外にも将来の教育費用を貯める方法はあります。最近では積立定期預金 個人向け国債など学資保険に並んで人気のある商品です。

では、どの商品が利回りが良く効果的にお金を貯めていくことができるのでしょうか?

積立定期預金の金利相場は0,02~0,2%

個人向け国債の金利相場は0,5%

学資保険の金利相場は1,3%

となっており1年程度の貯蓄ではそれほど変わりがないとしても、20年近貯蓄したとしたら利息額の差は大きく変わりそうです。

強制的な貯蓄効果

特に目的が無いとなかなかお金を貯めることができませんが、学資保険として教育費用を貯めていくという目的に沿っているため決まったお金を貯めていきやすいというメリットがあります。また、預金ではなく保険と言う名称なのも保険をかけているという感覚になるので安心感が得られますね。

学資保険の特長として先ほど説明した利回りの高さが上げられるのですが、その分、途中解約をしてしまうと元本割れをしてしまい損をしてしまいます。デメリットの様ですが、そういった点も踏まえて強制的に保険料沿支払う必要がある学資保険は、自分でお金が貯められない人にとってはメリットになるのではないでようか。

保険としての保障が受けられる

学資保険と言う名称なのですが、効果としては貯蓄がメインだと考えられがちなのですが、しっかり保険としての効果も得ることができます。

もしも、契約者である親が死亡したり重度障害になってしまった場合には、保険料の払込が免除になる「払込免除特約」があり、学費が必要になった時に受け取ることができる保障内容です。

また、月額500円程で特約をプラスすると掛け捨ての定期生命保険としても利用することができる学資保険もあるので、学資保険+生命保険として有効に利用することができます。

まとめ

学資保険のメリットを考えると将来の教育費用としてしっかり備えられそうな印象です。自分で貯蓄をしっかりとできれば学資保険に加入する必要はないとは思いますが、将来的にいつ何があるか分からないことを考えると定期的に学資保険で貯蓄していくことで安心感は得られそうですね。

お近くの保険ショップで 学資保険の無料相談!

保険選びで迷う方は、保険ショップでプロのFP(ファイナンシャルプランナー)に相談をお願いするとライフスタイルに合わせて複数社の中から平等に比較・検討してくれますので、あなたに最適な保険を提案してくれる可能性が高いです。
お近くのショップはこちらから探せます
あなたにぴったりの保険が見つかる全国の保険ショップ検索・予約サイト

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

チューリッヒ生命の「終身医療保険プレミアムDX」の口コミ評価・特長を徹底解析

子供に必要な保険・検討するべきは学資(子ども)保険と個人賠償責任保険

ページ上部へ戻る