子供に必要な保険・検討するべきは学資(子ども)保険と個人賠償責任保険

子供にとって本当に必要のある保険はどれなのか?がん保険・医療保険・生命保険などありますが、どれも子供の時には公的保険による保障が充実しているためあまり必要性はないように感じられます。子供の現在・将来を考えた時に役に立つであろう保険は、将来的に必要になる教育費に備えた学資(子ども)保険と子供がしでかすトラブルに対応できる個人賠償保険です。

こども(学資)保険

子供一人の教育費がどれくらいかかるのか知っていますか?幼稚園から大学まで公立に通ったとしても1,000万円かかり、幼稚園から大学まで私立に通った場合には倍の2,000万円以上かかってしまい、すごい金額が必要になります。この教育費用をどのようにして準備するのか、普通に貯金が出来ればいいのですが、必ずしも予定通り貯蓄が出来るとは限りません。

そういった時のために学資保険が役に立ちます。将来必要になるであろう目的金額に沿って毎月保険料を支払っていくことで金利面を優遇され効果的に貯蓄をしていくことが出来ます。また、契約者が死亡または高度障害状態になったときには「以降の保険料免除」されるので、もしもの時の備えにもなり安心です。学資保険に加入することで税制面も優遇されるので、所得控除され税金がお得になります。

大事な子供のために子供の希望する進路を少しでもサポートするために学資保険に加入しておくことで計画的にお金を準備しておくことができます。

個人賠償保険

子供のうちは判断力に欠ける部分もありまだ精神的にも肉体的にも未熟です。そういった事から他人を傷つけてしまったり、物を壊してしまいがちです。そういった時には故意でないにしても大きな損害を与えてしまう可能性があり、そういった場合には全て親の責任として損害を保障する義務があります。

もしも数千万円単位の賠償をしないといけないとしたらどうしますか?どうにもならないですよね。そんなトラブルの時に子供をしっかり守ってあげるために個人賠償保険に加入しておくと安心です。

個人賠償保険単体では加入できないので自動車保険やこども保険の特約を付けるかクレジットカードの契約特典を利用する必要があり月額100円~200円程度のコストで1億円以上の保障を補う事が出来るコストパフォーマンスに優れた保険です。

トラブルを起こした際には自分でしっかりと謝罪をする必要はありますが自分に代わって相手と交渉してもらえる「示談交渉サービス」というのがあります。これ以上トラブルを大きくしないために保険会社が代行して示談交渉をしてもらえます。サービスの有無で保険料は高くなってしまいますが、より安心を求めるのであれば必要なサービス内容です。

子供にとって必要な保険まとめ

子供を守るのは親の務めです。これらの保険に加入することで、今後起こりうるトラブルや、将来子供の希望する進路をサポートすることができます。今現在だけでなく将来を見据えた計画を検討してみてください。

お近くの保険ショップで 学資保険の無料相談!

保険選びで迷う方は、保険ショップでプロのFP(ファイナンシャルプランナー)に相談をお願いするとライフスタイルに合わせて複数社の中から平等に比較・検討してくれますので、あなたに最適な保険を提案してくれる可能性が高いです。
お近くのショップはこちらから探せます
あなたにぴったりの保険が見つかる全国の保険ショップ検索・予約サイト

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

学資保険は本当に必要?調べてみた魅力的なメリット!

学資保険の返戻率ランキング最新版

ページ上部へ戻る