医療保険は必要か?賢い医療保険選びのポイント

医療保険は病気やケガで入院した時に経済的負担を軽減するためのもので、いざというときに役に立つ保険です。しかし、保険に加入していたとしても全く病気にならなければ保険料を支払っているだけで無駄なってしまう可能性も含んでいます。すでに加入している健康保険にも高額な医療費を補助してもらえる「高額療養費制度」や病気やケガで働けない時には「傷病手当金」として最長1年6か月間、標準報酬月額の3/2を受け取ることが可能になっています。そういった点を踏まえて本当に医療保険は必要なのかを考えてみましょう。

医療保険が必要とされる理由

上記のような内容を見ると医療保険は不必要なのでは?健康保険だけで十分なのではないかと考えてしまいがちですが、健康保険だけでは補うことができない治療方法も存在しています。そういった公的保険適用外の治療・先進医療を受ける場合には治療費として100万円を超えてしまう事も珍しくありません。そういったもしもの時ために医療保険に加入しておくことで安心を得られることができるので、安心のために保険に加入している人も多くいるようです。

医療保険選びのポイント

入院給付日額の決め方5,000円と1万円どちらがいい?

医療保険を決める時に迷うポイントとして入院給付日額をいくらに設定するのかですね。だいたいは、5,000円なのか1万円で選択すると思うのですが、保険料金の違いとしても2倍ほど変わってきます。それを考えると、いつ病気になるのかも分からない保険に高額な保険料を支払う必要はないように感じられます。高額療養費制度も利用でき9万円を超えるとほぼ医療費は返還されるので入院給付日額は5,000円に設定しておけば安心だといえます。

入院の支払限度日数はどれ位必要?

入院の支払限度日数を長く設定するとそれだけ保険料は高くなってしまいます。入院支払限度日数が長い方が安心だとは思うのですが、平均的な入院日数は30日程度なので60日型の保険を選んでおけば問題はなさそうです。保険料も安いので60日型・120日型などの入院支払限度日数を選択する人も多く人気があります。

先進医療特約を付けておくと安心

先進医療特約は公的保険で適用されない保障を補うための特約で月額100円程度の負担でもしもの時は最大で1000万円もの高額な先進医療を受けることが可能になっておりコストパーフォーマン巣に優れています。先進医療を受ける確率としては低いのですが、いざという時に役に立つ特約なので付けておいて損はないですね。

お近くの保険ショップで 医療保険の無料相談!

保険選びで迷う方は、保険ショップでプロのFP(ファイナンシャルプランナー)に相談をお願いするとライフスタイルに合わせて複数社の中から平等に比較・検討してくれますので、あなたに最適な保険を提案してくれる可能性が高いです。
お近くのショップはこちらから探せます
あなたにぴったりの保険が見つかる全国の保険ショップ検索・予約サイト

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

健康保険加入者が受けられる公的保障制度の内容

医療保険が下りない事がある?分かりにくい保険内容を理解するには

ページ上部へ戻る