医療保険とは? 医療保険の仕組みを分かりやすく理解する

医療保険はどんな時に役に立つの?

医療保険は私たちが病気やケガをした時に経済的な負担を軽減するために役に立ちます。医療保険には公的医療保険民間医療保険とがあり、日本国内ではほとんどの人が公的医療保険の健康保険に加入しておりそれだけでも充分な保障内容になっています。しかし、もしもの時の為に経済的負担をもっとカバーするために民間の保険会社が運営している保険に加入する人も多くいます。

民間医療保険と公的医療保険の違い

公的医療保険は国民すべてに加入できる権利があり、保険料の支払額は収入によって異なります。保険金の支払いも自動的にされるので手間はありません。国民のほとんどが加入している保険になっています。

民間医療保険は加入条件があり全ての人が加入できるとは限りません。病気やケガのリスクを見ながら審査され保険に加入できるのかを決定されます。保険料は年齢、性別、保障内容で異なり、保険金は申請をしないと支給されないシステムになっています。

医療保険の保障内容

医療保険の保障内容を詳しく見ていきましょう。

入院給付金日額

医療保険に加入する際に一番重要視される保障内容で、入院1日につき支払われる保険金で5千円~1万円など保険加入時に設定することが可能になってます。

入院給付金日額をいくらに設定するのかで月々の保険料に大きく差出てくるので公的保険にも加入しているのでそういった点も加味しながら入院一日どれくらい保障が必要なのかを考えましょう。

手術給付金

手術を一回すると支給される給付金で保険商品によって異なりますが、「入院給付金日額×規定の倍数」10倍・20倍などので計算されています。その他にも一律で10万円など金額が決まっている保険もあるのでしっかりと確認しておきましょう。

定期型と終身型

医療保険は定期型と終身型の2種類がありそれぞれ特徴が異なります。

終身型の場合には保障が一生涯続くので一度の契約で老後の保険も安心です。保険料は定期型に比べると高くは設定されていますが、ある程度若い時にほけに加入すると保険料は割安になり、保険料の更新もないのでお得だといえます。保険の見直しがしにくい保険になるので保険加入のタイミングを間違わないようにしっかりと理解して保険に加入した方が良さそうです。

定期型の場合10年ごとの保険の更新になるので保険の見直しがしやすく定期的に保険を切り替えることができます。保険料も終身型に比べると安く手ごろなのですが年齢を重ねていくと保険料は割高になるので一生涯の保障は期待は出来なさそうです。一時的な保険の加入に向いているタイプになるので気軽に加入しやすいですね。

特約

特約は通常の医療保険でまかなえない部分を付帯してさらに保障内容を手厚くするものになります。

特約の種類としては がん入院特約、生活習慣病(成人病)特約、女性疾病特約、先進医療特約、がん診断給付金、特定(三大)疾病保障特約、通院特約、長期入院特約などがあり、特約を付帯すると保障内容は良くなるのですがそれだけ保険料は高くなってしまいます。

必要のない特約は付けておくだけ無駄になるので自分で判断するのが難しい時には保険ショップなどで相談してみて下さい。

お近くの保険ショップで 医療保険の無料相談!

保険選びで迷う方は、保険ショップでプロのFP(ファイナンシャルプランナー)に相談をお願いするとライフスタイルに合わせて複数社の中から平等に比較・検討してくれますので、あなたに最適な保険を提案してくれる可能性が高いです。
お近くのショップはこちらから探せます
あなたにぴったりの保険が見つかる全国の保険ショップ検索・予約サイト

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の先進医療特約は必要?100円の特約で先進医療が受けられる!?

定期型と終身型の違いを比較(医療保険)はどちらを選ぶ

ページ上部へ戻る