定期型と終身型の違いを比較(医療保険)はどちらを選ぶ

医療保険は各保険会社から様々な内容の保険が出ています。そんな中で保険を選ぶときに重要になるのが定期型にするのか?終身型にするのか?ということです。この項目ではこの2つの違いについて考えていきましょう。

医療保険の定期型・終身型の違い

医療保険のタイプは大きく分けると定期型か終身型のどちらかを選ぶ必要がありそれぞれメリット・デメリットが異なります。

定期型

定期型の場合には5年、10年などある一定期間を保障してもらえる保険になります。保険料は終身保険に比べると安いのが特徴なのですが、年齢を重ねて保険を更新していくごとに保険料は高くなっていきます。そのため年齢が若い時には保険料が安く、年齢が上がっていくにしたがって保険料は高くなり、ある年齢で保障が終了するので一生涯保障するのは難しくなってしまいます。

そのため定期型医療保険に加入するのであれ期間限定で若い時に保険料を安く病気やケガに備えたい時に役に立ちます。

終身型

終身型の場合には保険料が変わらず一生が保証してもらえるという特徴があります。保険の契約も一度のみになるので、若い時に保険に加入しておくと保険料が安く一生涯変わらないのでお得になります。保険料の払い込みは60歳までや65歳までなど払い込みの完了時期を指定できるタイプもでています。

その分定期保険に比べると保険料は高く設定されています。一生涯を保障してもらえる終身型の保険は更新というがいねんがないため、保険の見直しがしずらく、新しく保障内容のいい保険が出たとしても、変更しにくいようです。

定期型と終身型どちらを選択するべきか?

それぞれメリットとデメリットはありますが、年齢が若い時には定期型に加入すると保険料はかなり安く抑えることができます。結婚をしていない独身の人にとっては保険のつなぎとして利用してみると有効かもしれません。

また、結婚をして家庭がある人にとっては自分だけの問題ではなくなってしまうので、終身型の保険に加入しておくと一生涯保障されるのでいつ何があっても安心かもしれませんね。

ライフスタイルや将来の人生設計を見据えてどちらのタイプを選ぶのか考えてみて下さい。自分で判断するのが難しい時には保険ショップなどで相談するとどちらのタイプがあっているのかを見つけることができます。

お近くの保険ショップで 医療保険の無料相談!

保険選びで迷う方は、保険ショップでプロのFP(ファイナンシャルプランナー)に相談をお願いするとライフスタイルに合わせて複数社の中から平等に比較・検討してくれますので、あなたに最適な保険を提案してくれる可能性が高いです。
お近くのショップはこちらから探せます
あなたにぴったりの保険が見つかる全国の保険ショップ検索・予約サイト

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

医療保険とは? 医療保険の仕組みを分かりやすく理解する

長期入院に備える医療保険は必要ないのか?病気のリスクを考えた最適な入院日数

ページ上部へ戻る