長期入院に備える医療保険は必要ないのか?病気のリスクを考えた最適な入院日数

医療保険に加入する時に長期入院に備えた保険に加入したほうがいいのかも考えると思います。もしも病気や怪我で長期的な入院をしないといけなくなってしまったら仕事ができず収入が途絶えてしまう可能性もあります。そういった時のために入院保障を手厚くして長期入院に備えておくと安心だといえます。

しかし、最近の医療現場は政府の医療費抑制政策により早く退院させたほうが病院に利益が出る理由から無理に長期的な入院をさせない傾向にあります。平均的な平均在院日数は約30日程度で年々短縮していく傾向にあります。そういった背景を考えると長期入院する可能性も低いので長期入院に備える医療保険が本当に必要なのかを考える必要があります。

ここでは長期入院に備える保険が必要なのかを入院のリスクを考えながら解説していきます。

長期的な入院になる病気

長期的に入院する可能性のある病気として

統合失調症、統合失調症型障害及、妄想性障害の入院日数は平均すると約560日

血管性及び詳細不明の認知症の入院日数は平均すると約360日

アルツハイマー病の入院日数は平均すると約235日

脳血管疾患の入院日数は平均すると約95日

精神疾患系や神経系疾患は完治が難しいことから入院日数が長くなり中には何年間も入院している患者さんも多くいます。これらの病気は誰にでもなる可能性があります。元気な時に加入する保険では自分がなるわけがないと考えてしまいそうですがそういったリスクを少し意識しておくと保険に関する考え方も変わってきそうです。

1入院の保障限度日数を考える

人気のある医療保険の1入院の保障限度日数は60日、120日などで、保険料も1入院の保障限度日数が少ないほうが安くなります。逆に長期的な入院に備えられる730日や1,095日型のタイプになると保険料は高くなってしまい月にすると入院給付金日額5,000円の場合には1,000円~2,000円ほど支払額は変わってきます。

長期入院に備えるべきなのか?

約9割の人は入院60日程度で退院をしています。残りの1割はそれ以上入院していることになるのですが確率的に言うと長期入院する可能性はかなり低いと言えます。しかし、保険というのはもしものための安心を得るためのお守りのようなものなので、残りの1割長期入院する可能性があるのであれば、後悔しないためにも長期入院をカバーできる保険に入っておいてもいいように感じられます。

経済的な負担を軽減するための医療保険ですから保障内容と保険料のバランスを見ながら 自分で判断するのが難しい時には周りに相談して決めてみてはいかがでしょうか?

お近くの保険ショップで 医療保険の無料相談!

保険選びで迷う方は、保険ショップでプロのFP(ファイナンシャルプランナー)に相談をお願いするとライフスタイルに合わせて複数社の中から平等に比較・検討してくれますので、あなたに最適な保険を提案してくれる可能性が高いです。
お近くのショップはこちらから探せます
あなたにぴったりの保険が見つかる全国の保険ショップ検索・予約サイト

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

定期型と終身型の違いを比較(医療保険)はどちらを選ぶ

共済は保険よりもコスパが高い? 共済の医療保障を徹底比較

ページ上部へ戻る