学資保険はいつ入る?加入と給付のタイミング

学資保険は子供の進学などのタイミングに合わせて給付を受ける必要があります。そのためにはいつどのタイミングで学資保険に加入するべきなのかを考えることが重要になります。

将来的に必要になる教育資金を効率的にためて行くにはどうすればいいのか考えていきましょう。

学資保険の加入時期はいつがいい?

学資保険に加入する時期はいつがいいのか?

答えは、なるべく早い方が保険料が安く効率的に将来に備えることができます。

保険料は契約者(保護者)と被保険者(子ども)の年齢によって異なり、長い期間をかけていた方が保険料は安く、短い期間でかけるほど保険料は高くなっていきます。

そのため、保険加入時期が早ければ早いほど無理なく将来に備えることができます。

給付のタイミング

学資保険の給付のタイミングはいつがいいのか?

答えは大学入学時期に一度にまとめて給付してもらう方がお得。

学資保険は入園や入学の時期に合わせて分割して受け取ることもできるのですが、分割はせずに大学や専門学校などの本当にお金が必要な時に給付してもらう方が有効に利用することができます。

分割してもらうよりも一括でまとめて給付してもらう方が返戻率も高くお得だといえます。

また、満期をいつに設定するのかでも返戻率は変わります。18歳、22歳が一般的で、加入期間の長くなる22歳を満期に設定する方が返戻率も高くお得になります。

しかし、22歳は大学院に行くなどの理由がない限りは、そこまで資金の必要もなく効果的ではありません。

そういったことから本当に必要になる時期といえる18歳を満期に設定しておく方が無駄がなく賢い選択だと考えられます。

払済みのタイミング

払済みのタイミングはいつがいい?

答えは支払期間が短い方が返戻率が高くお得。

先ほど保険を長くかけていた方が保険料が安いと答えましたが、払い済みのタイミングで言うとなるべく短い期間で払済みになった方が返戻率が高く将来的にはお金が多く貯まることになります。

支払期間が短いということはそれだけ短期間に多くの保険料を支払う必要があり、経済的には圧迫されてしまいますが。結果としてはより多くのお金を貯金できることになるので、お金に余裕のある人にとっては、有利になる選択だといえますね。

 

教育資金は長いスパンで考えて将来必要になる額を計算しながら計画的に準備しておきましょう。

お近くの保険ショップで 学資保険の無料相談!

保険選びで迷う方は、保険ショップでプロのFP(ファイナンシャルプランナー)に相談をお願いするとライフスタイルに合わせて複数社の中から平等に比較・検討してくれますので、あなたに最適な保険を提案してくれる可能性が高いです。
お近くのショップはこちらから探せます
あなたにぴったりの保険が見つかる全国の保険ショップ検索・予約サイト

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

学資保険の返戻率ランキング最新版

ページ上部へ戻る